• ALL
  • 海外ビジネス展開
  • オンラインマネジメント
  • 異文化マネジメント
  • お役立ちコラム
  • その他

お役立ちコラム
【タイ編】

2023.12.6

写真
お役立ちコラム
~タイ編~


タイ人はニックネームが当たり前!?

今回はタイのニックネーム事情についてお話ししたいと思います。

  みなさんは職場で同僚になんと呼ばれていますか? ほとんどの方が苗字ですよね。日本のほとんどの会社で上司は役職、 同僚は苗字で呼ぶのがスタンダードなのではないでしょうか。 もちろん最近では、あえてニックネームで呼び合うことをルールとしている会社もあるそうですが、かなり少数派ですよね。

  日本から遠く離れた微笑みの国タイでは、お互いをニックネームで呼び合うのが一般的だというのをご存知でしょうか。 それは日常生活においてだけなく、職場においてもなんだそうです。 そしてほとんどが本名と全く関係ないものなんです!

ボーイだったり、ペットだったりとなんでそんなニックネームにしたの? と思うようなものもあったりしました。 そしてそもそもみんながみんなニックネームを持っていることにちょっとした驚きさえありました。

写真
ではなぜ、タイではニックネームの使用が主流なのでしょうか?

実はそこにはいくつか理由があるんです。まずは、名前が長いこと。
そして何よりタイ語を英語表記に当てはめているせいもあって発音できない。 そんな本名が長くて難しい彼女たちでもニックネームだと Ming とYelly  というなんとも簡単になるのです。ニックネームの方が断然覚えやすいですよね!
< その結果、「名前が長いから」「名前が難しい」「簡単に名前を変える」などといったことがあるそうです。

また、簡単に名前を変えるというのは、 自分が好きなタイミングでというよりも僧侶や占い師に名前で運勢が良くないと言われたときに変えることがあるそうです。 日本の姓名判断みたいなものですかね~とはいえ日本では名前のせいで運勢が 悪いからといってすぐ名前を変更しようという人は少ないようにも思いますが。

  と、いろいろな理由はありますがニックネームで呼び合うのがタイでは主流なので、 もしタイ人インターンを受け入れていただくことになった場合には、 まず彼ら彼女らのニックネームを聞いてみてください!
そしてよければ皆さんもこれを機にニックネームを考えて、 ニックネームで呼び合うのもお互いの距離感が縮まるかもしれませんよ!

写真

一覧メージへ