事業の目的

国際化促進インターンシップ事業とは

 日本企業の海外展開や新たな視点によるイノベーションの創出等の促進の観点から、高度な知識・技術を有する外国人材の活用は、日本企業の競争力強化に資すると考えられます。外国人材の採用を計画する日本企業は近年増加していますが、特に中堅・中小企業においては、外国人材と働く経験やネットワークの不足等により、その活用が進んでいないのが現状です。本事業では、日本企業(中堅・中小企業)における外国人学生等のインターン受入れを通じ、日本企業が海外展開等に取り組む体制の強化を促進してきました。
今年度は、新型コロナウィルス蔓延防止重点措置が緩和されたこともあり、基本は直接企業に出向いてのオフライン開催を予定致します。
一部、海外の学生を対象に、集合施設を利用してのオンラインでの開催も実施します。

  1. 海外ビジネスの拡大や
    新たな展開に向けた知見の構築
  2. 高度外国人材の採用に向けた
    海外大学等とのネットワーク構築や
    社内の体制整備
  3. 大学などの現地施設を利用し、そこからの参加を可能にすることで海外からの
    インターン生の受け入れをより行いやすくした新たなチャレンジ

外国人材の皆様へ:日本企業で実際に就業体験ができるチャンスです!

 日本での就職をお考えの方は積極的に参加ください。原則は現地での参加ですが、一部、自国の大学などの集合施設を利用し、そこからの参加も可能です。

インターンシップ方法

当事業におけるインターンシップは、自宅から企業に出向いて直接実施する
直接参加型と、海外より来日し、宿泊を伴いながら現地へ通う来日型、
大学などの施設からオンラインで参加する施設オンライン型の3種類の方法で実施します。

 直接参加型
自宅からインターンシップ先企業に毎日出向き、そちらで業務を行っていただきます。担当の方や仲間とも直接顔を合わせて仕事ができ、コミュニケーションが取りやすいスタイルです。

 来日型
海外より来日し、通勤圏内の宿泊施設より毎日出向いて業務を行います。日本就職を経験できると共に、日本の文化、生活スタイルを学ぶことができます。

 施設オンライン型
インターンシップ先の企業が海外遠方の場合、母国の大学などの施設に毎日行き、そこからオンラインで業務を行います。海外から参加が可能で、入国の手続きなどを省き手軽にインターンシップを行えます。

事業の枠組み

企業とインターンは相互に協力し、インターンシップを通じ、目標達成を目指します。
国際化促進インターンシップ事業事務局は、皆様のインターンシップをサポートします。

事業の枠組みのイメージ

インターンシップスケジュール

2022年度は以下のスケジュールで実施します。

オンラインインターンシップスケジュールのイメージ

詳しくは募集概要ページをご覧ください。

  • 企業<受入先>はこちら
  • 外国人材<インターン>はこちら

用語の定義

当事業における「インターンシップ」、「企業」、「インターン」、「審査委員会」の定義はこちらから確認ください。